中古品の購入

コピー機コピー機の購入は、初期費用を用意しなければならないデメリットがあります。しかし、あくまでもそれは新品でコピー機を購入する場合の話で、中古品の場合は、費用を安く抑えることができます。中古品のコピー機を購入するメリットは、この費用を安く抑えられる部分なのですが、その分だけ欠点もありますので、こちらも覚えておきたいところです

まず、中古品の場合は、新しい機種を選べないという欠点があります。基本的に新しい機種の方が性能が高いのは一般的ですので、しっかりと性能を把握した上で購入しなければ、業務に耐えうる能力を有していない可能性が考えられます。

また、中古品の欠点として、メーカーのサポートを受けられないというものがあります。これも予想以上に気になるデメリットです。長期間使っていればわかるのですが、コピー機というのは、ちょっとしたトラブルは日常的に起こります。プロならば、少しの調整で直せる故障であっても、素人が対処するのは難しいので、最悪コピー機が使えないという事態に発展することもあり得ます。コピー機は、たとえ新品であっても、いつかは壊れてしまう精密機械です。中古品はメーカーサポート対象外という点は、しっかりと把握しておきたいものです。