買取とリースの比較

お金コピー機を購入するなら、買取とリースの比較についてはしっかりと行っておきたいものです。買取とリースは一長一短であり、それぞれのメリットとデメリットがあります。買取の場合は、トータルコストがリースよりも優れているのが一番のメリットで、ランニングコストについてもリースよりも優れています。しかし、買取の場合は、最初に大きな初期費用が必要で、コピー機によっては100万円を超えるようなものもあるため、初期費用を用意できない会社にとって、買取は難しくなってしまいます。

逆にリースの場合は、初期費用がほとんど必要ありませんので、初期費用を用意できない会社にとっては大きなメリットになるでしょう。しかし、月々リース料金を支払うのが一般的ですので、ランキングコストという意味においては、買取の方が優れています。

また、トータルコストについても買取の方が優れていますが、リースのトータルコストが致命的なコストになるようなことはありません。このようにコピー機を購入するなら、リースとしっかりと比較した上で、買取のメリットをしっかりと高められるように工夫すべきでしょう。そうすれば、購入後にコスト面で後悔することはなくなります。